MuleSoftは、SaaSをクラウドやオンプレミスのエンタープライズアプリケーションに接続するための統合プラットフォームを提供しています。
MuleSoft は、IT 最大の問題を解決します

クラウドやモバイルの台頭により、企業は2つの選択を迫られています。エンドポイントの氾濫に飲み込まれるか、この変革をチャンスととらえ競争力を作る施策を行なうかです。
現在は「New Enterprise」の時代であり、自らの資産やテクノロジー、人材だけで競争に勝つことはできません。企業は膨大な数のアプリケーションやデータ、パートナー、顧客を高次元に統一したかたちにまとめなくてはなりません。MuleSoftは組織内や組織間を横断的に、多様なSaaSやモバイル、オンプレミスのシステムを簡単につなぐことで、企業が勝ち抜いていくお手伝いをします。「アプリケーションの接続を困難にすべきではない」というコンセプトのもと設立されたMuleSoftは、システム統合を通じて企業がアプリケーションの力を活用するサポートをします。

MuleSoft が提供するこれからのエンタープライズ

オープンソースのMuleプロジェクトは、2003年に現在製品戦略担当で副社長であるロス・メイスンが立ち上げました。データ統合作業の単調さにフラストレーションを感じていたロスは、開発の容易さ、柔軟性、コンポーネントの再利用を柱とした新たなプラットフォームの確立に乗り出しました。「Mule」の創造によって、世界中の開発者にコーディングの反復作業ではなくアセンブリのひとつとして、現代的なアプローチを提供しようと試みたのです。このプラットフォームはすぐに歓迎され、採用されるレベルは「超速」に達し、Muleコミュニティには今や15万人の開発者が活動しています。

Anypoint™ Platform

現在、MuleSoftは企業を「New Enterprise」に転換するための次世代統合プラットフォームである「Anypoint™ Platform」によって、次世代の統合を定義しています。Anypoint Platformにより、MuleSoftは完全な統合を提供し、ポイント・ツー・ポイントの統合の労力と費用を軽減します。さらにNew Enterpriseをつなぎ合わせ、事業プロセスをアプリケーションやデータソース、API全体で一体化させます。Anypoint Platformを使えば、企業はどのようなクラウドを活用してもNew Enterpriseへの道が開けます。
Anypoint Platformには、Mule ESB、サービスとしての統合プラットフォームCloudHub(iPaaS)、それにAPIキット、Anypoint™ API Manager、APIエコシステムを駆動するNo.1のプラットフォームであるAPIハブを含むエンド・ツー・エンドのAPIプラットフォームや、オンプレミスもしくはクラウドで統合アプリケーションを開発するための単体グラフィック開発環境であるAnypoint™ Studioが含まれます。

世界最大のオープンソース統合テクノロジーをコンセプトに構築されたAnypoint Platformは、既存のアプリケーションに利便性と力を与える理想的なソリューションです。現在、MuleSoftは何千という企業に採用され、WalmartやMasterCard、Nokia、Nestlé、Honeywell、DHLなどのビジネスリーダーに対して、毎日何十億もの取引をサポートしています。またSalesforce.com、NetSuite、Workday、Intuit、Zuoraなどの主要SaaSベンダーとの統合を支えています。

MuleSoft 導入企業

MuleSoftはサンフランシスコに本社を置き、世界中に支社を構えています。2006年以来、株式は非公開としながら、ベンチャーキャピタルから資金提供を受けています。

MuleSoft の詳細な情報が掲載されたホワイトペーパーや概要資料はこちらから:資料ダウンロードページへ

多様なSaaSやモバイル、オンプレミスのシステムを簡単に統合できるMuleSoft 製品のデモやお問い合わせはこちらから

ソリューション一覧

このページの先頭へ戻る